ゲームマーケット2017春の反省

どうもこんにちわ。BlackPiggyBankGamesです。今回のゲームマーケットも反省が多かったので、一つ一つ考えてみます。

・「不完全物語の断片集」が完成できなかった

まずこれが大変申し訳なかったです。カタログの情報をみてきてくださる方も3人ほどいらっしゃったんですが、申し訳なかった。

作ってるゲームがボツになることはよくあるんですが、カタログに載せたゲームがボツになるのはダメでした。。。これで2回目ですし、本当にダメだ。

自分が作ってるのゲームのコンポーネントA4用紙だから、直前まで締め切り伸ばせるしとか考えてました。。。カタログの締め切りが締め切りですね。

カタログ載せる頃はまだ完成してなくて、こういうゲーム作ろう的なイメージしかなかったのがまずかった。公開できるα版が完成したものをカタログに載せた方がよいとつくづく思いました。

・「広報が足りなかった」

これはいつもなんですが、広報まで手が回らなかったというよりかは、自分自身広報活動に消極的でした。「どうせ広報してもな。。。」という諦観に支配されてました。そういうサークルが唯一露出して見てもらえるのがカタログだけなのに、そのカタログに載せたゲームがボツになったらダメですよね。。。

公式サイトは自分自身がゲームマーケットの購入者側で参加するときにほどんど使用していなかったので、あんまり効果ないのかなと思ってほとんど更新しませんでした。

Twitterアカウントがあるので、そちらでも呟いていたりしてるのですが、自分からフォローすることをあまりしません。ゲームマーケットの宣伝でフォローするのは良い広報活動だと思っています。が、ですが、個人的にその広報手段が、ニガテなのです。うまく言えないのですが、ビジネスライクな感じを感じてしまって、なんかダメなのです。批判しているわけでは決してなくて個人的に受け付けないから自分もやらないという程度の感情から発する気持ちです。

ですが、フォロー関係が少ないのも寂しさを感じます。。。どうするか。

アカウントのコンテンツ力を上げてフォローしてもらえるようなアカウントに育てることかなと。こう書くとビジネスライクどっぷりでさっき言ったことと矛盾していますが、来られるのと自ら行くのとではだいぶ心象が異なるのでこういう考えです。

なのでまずは、Twitterのつぶやき頻度を上げること。最近は意識的にゲームメモを呟いています。

あとはこのブログでボードゲームに限らずゲームについて自分の考えをまとめたりして、このサイト自身も育てないといけませんね。サイトも見づらいですし。改良しないと。

こつこつと積み上げて。

・「なんのゲームか全然わからなかった」

「不完全物語の断片集」をボツとしてしまったので、別のアイディアから「あなたは2016年に勃発した異能力大戦についてなにか思い出すことはできますか?」を作成しました。このゲーム自体は自分自身、気に入っていてよいものができたと思っているのですが、いかんせんこれはなんなのか自分でも上手く説明できませんでした。いま考えると「RPRW(RolePlayingRuleWriting)」で表せるのかと思っていますが、これも造語なのでまだ他人に説明するには足りません。カタログにも載せていないゲームで自分のブースの前を通り過ぎる方が偶然目にしたとき、これがなんなのかがわかるような、キャッチコピーのようなラベリングできるような言葉が不足していました。

自分の好みなのですが、あんまり自分の作ったものをラベリングできるようなカテゴライズしてしまうような言葉をつけるのは好きではないのですが、とはいえ通り過ぎる方がキャッチできるようなフックとなる言葉は必要かなと思いました。当時はタイトルがフックとなると考えていましたが、結果として足りなかったです。

「あなたは2016年に勃発した異能力大戦についてなにか思い出すことはできますか?」については、別途デザインノートとして書く予定です。

 

一言でまとめるなら、「ちゃんとやれ」でした。遊びを”ふまじめ”に真剣に。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です