すべてが1になるおまじない

2019-08-24 14:13 · 1696 words · 4 minute read 草稿 ゲームポエム ダイスゲーム

タイトル

すべてが1になるおまじない

コンセプト

“運”に関する迷信や願掛けを”実際に存在するかのように振舞う”ことの楽しさを味わう。

ジャンル

ダイス協力ゲーム風ゲームポエム

プレイヤー人数

3~4人程度

用意するもの

  • 6面ダイス 6個
  • メモ用紙
  • 筆記用具

目的

ダイスをすべて振って、すべてのダイスの目を1に”する”こと

ルール

準備

  1. 適当な方法で最初の手番プレイヤーを決めます。

手番プレイヤーのやること

  1. 手番プレイヤーはダイスを振って1の目が出るような”おまじない”を考えてメモ用紙に下記の内容を記入します。

    • レベルX
    • おまじないの内容

※Xには手番の回数を書きます。最初は1で次の手番では2、その次は3といった風に増えていきます。

“おまじない”の内容はレベルの数字が増えていくにつれスケールアップしていくとよいでしょう。 例:レベル1「利き手でないほうでダイスを投げる」、レベル2「垂直ジャンプを2回したあとダイスを投げる」、レベル3「部屋を1周して”気”を集めてからダイスを投げる」などなど

このとき、他のプレイヤーも実行できるような”おまじない”の内容にしてください。

  1. 手番プレイヤーは、すべての”おまじない”を実行します。
    最初の手番の”おまじない”はひとつだけです。
    手番を進めていくと”おまじない”が増えていきます。

  2. 目を閉じたまま、すべてのダイスを振ります。
    このとき、他のプレイヤーからの合図があるまでダイスの結果を見てはいけません。

  3. 手番プレイヤー以外から合図がきたらダイスの結果を確認します。
    このとき、あくまでも”おまじない”の効果によって1の目のダイスが出たかのように振舞います。

次の手番プレイヤーがやること

  1. 手番プレイヤーが振ったダイスの【実際に出た1の目】の数を確認します。

  2. 手番プレイヤーが書いたメモ用紙に【実際に出た1の目】の数だけ☆印を追記します。

1の目が一つも出ないこともあります。そのときは、その”おまじない”は失敗となります。

失敗した”おまじない”は今後使用しません。

他のプレイヤーがやること

  1. 1の目以外のダイスを、(この手番で書いた”おまじない”以外の)すべての”おまじない”に書かれている☆印の分だけ1の目に変えます。
  2. このとき、手番プレイヤーに気づかれないよう静かにかつ素早くダイスの目を1に変えましょう。
  3. ダイスの目を変えたら、手番プレイヤーに合図をしてダイスの結果を見てもらいます。

手番終了後にやること

  1. ダイスの目がすべて1になっていればゲームクリアです。”すべてが1になるおまじない”が完成した喜びをみなで分かち合いましょう。
  2. ダイスの目がすべて1になっていないのであれば、手番プレイヤーを交代して次の手番を始めます。

ゲーム終了後のエキシビジョン

  1. 今回のゲームで完成した”すべてが1になるおまじない”をやってみたいプレイヤーがいたら、そのプレイヤーを手番プレイヤーとして手番を始めましょう。
    このとき、新しい”おまじない”を考える必要はありません。”おまじない”を実行するだけでよいです。

ヒント

  • “おまじない”を考えるとき、もっともらしい根拠をつけるとよりよい”おまじない”になるでしょう。
  • 手番プレイヤーはダイスの目を確認するときに、あくまでも”おなじない”によって1の目が出たというリアクションをとるようにしましょう。「やっぱりこの”おまじない”には効果があるんだ!」といった態度をとるとなおよいでしょう。
  • 手番プレイヤー以外のプレイヤーらは手番プレイヤーがダイスを確認するまで、”ざわざわ”した雰囲気を醸し出しましょう。「おいおいマジかよ…」といったことを言って間を繋ぐとなおよいでしょう。
tweet